ドラッグストアなどの市販で買えるワキガデオドラントランキング

 

このページでは、ドラッグストアや薬局など、市販品としてお店で買えるワキガ向けデオドラントランキングでご紹介します。

 

 

ただ、ページ下部でも書いてますが、市販品のデオドラントはワキガ対策には効果が弱いです。

 

 

どうしても質の良い通販品と比べると圧倒的に効き目が落ちてしまいます。

 

 

とはいえ、市販品は価格も安いですし、都度好きな時に購入できるのはメリットですよね。

 

 

市販品でワキガ対策したいという方もいらっしゃるので、このページでは市販品デオドラントだけに絞り、おすすめ順にランキング化して掲載しています。

 

 

管理人

 

市販品のデオドラントのメリットは価格の安さとすぐに購入できる点ですよね。一方、デメリットは効果の弱さと刺激の強さです。

 

また、あらゆるデオドラントでワキガ対策した私が確実に言えるのは、市販のデオドラントでワキガの根本解決はできないという事。そこを踏まえたうえで参考にしていただければ幸いです。


 

 

 

 

【選び方】ワキガ向けデオドラントを市販品の中から選ぶ際のポイント3

 

ドラッグストアや薬局で売られているデオドラントの中で、ワキガ向けのアイテムを選ぶ際のポイントを3つに絞ってご紹介します。

 

選び方を間違うと効かないだけじゃなく、ワキガが悪化することもあるので、購入前に必ず確認してください。

 

 

ポイント①|汗と臭いに効く有効成分が入った医薬部外品であること

有効成分とは「薬ほど強くはないけど効果があると厚生労働省が認めた成分」です。

 

 

殺菌(抗菌)・消臭(抑臭)における有効成分と、制汗における有効成分の2種が入っている医薬部外品であることが望ましいです。

 

 

有効成分が入っていないデオドラントは化粧品という位置づけになりますので、デオドラントに「医薬部外品」と書かれているかチェックしてください。

 

 

 

ワキガ向けデオドラントによくある有効成分
殺菌・消臭 イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)、サリチル酸ナトリウム、ベンザルコニウム塩化物、ベンゼトニウム塩化物、BGA(β-グリチルレチン酸)、
制汗 フェノールスルホン酸亜鉛(パラフェノールスルホン酸亜鉛)、クロルヒドロキシアルミニウム、アルミニウムヒドロキシクロリド(塩化アルミニウム)、ミョウバン、酸化亜鉛,

 

各有効成分の解説はこちら「ワキガ対策のデオドラントによく入っている成分一覧と解説」のページをご覧ください。

私が今まで使ってきたデオドラントの成分の中では、赤字で書いた成分が一番効果がありましたよ。調べてみると、研究でも最新の成分で、肌にやさしいわりに効果が高いんです。

 

ポイント②|保湿・整肌成分も含まれている事

保湿・整肌成分は市販のデオドラントにはあまり含まれていないケースが多いのですが、根本的にワキガを軽くしていくには保湿して肌を整えることが重要です

 

だから成分を必ず確認してください。

 

しかし、医薬部外品は成分を書くことが法律で義務付けられていません。成分がすべて書かれていないケースもあるんですね。

 

その際は当サイトでチェックしていただければと思います。

 

デオドラントによく配合されている保湿・整肌成分

シャクヤク、セージ、ワレモコウ、ダイズ、ヨクイニン、天然ビタミンE、アーティチョーク、海藻、ドクダミ、オウバク、ラベンダー、アロエ、サクラ葉、カモミラ、グリチルリチン酸2K(甘草)、オウゴン、イタドリ、シナノ、セラミド、BG、グリセリン、コラーゲン等々

 

それぞれの保湿・整肌成分の解説・効果はこちらをご覧ください。

 

 

ポイント③|添加物や刺激物の少なさ、低刺激であること

市販品は、大量生産するので安価に使える添加物が配合されていて、パラベン(防腐剤)や香料、刺激の強い界面活性剤が使われているケースもあります。

 

完全無添加が良いですが、添加物はデオドラントの品質を保つうえで必要です。

 

 

添加物が入っているのは仕方ないですが、できるだけ低刺激な処方で作られているデオドラントを選びたいところです。

 

 

また、有効成分においても刺激の強さが違いますので、その辺も確認したほうが良いです。

 

痒みが出たりかぶれたりするとワキガが悪化してしまって本末転倒になってしまいますので。

 

市販で買える人気ワキガデオドラント15種を徹底比較!

実際に市販で買えるワキガ向けデオドラントの中から人気15種をピックアップして比較してみました。

 

選び方の基準に沿って、①医薬部外品かどうかと有効成分②保湿・整肌成分③刺激の強さで比較しています。

 

※表の中の赤字は有効成分の中でも刺激が強め

市販品

医薬部外品か?

保湿・整肌

刺激

Hミッテル

Hミッテル

医薬部外品

2種の有効成分(イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛)

セージエキスの1種

無香料、無着色で比較的低刺激

デオナチュレ

デオナチュレ

医薬部外品

2種の有効成分(焼ミョウバン、イソプロピルメチルフェノール)

天然ビタミンE

有効成分のミョウバンで痒みが起きやすい

テノール液

テノール液

医薬部外品

制汗1種の有効成分(アルミニウムヒドロキシクロリド)

なし

有効成分は刺激高め、香料入り

リフレア

リフレア

医薬部外品

3種の有効成分(ベンザルコニウム塩化物、イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛)

なし

ベンザルコニウム塩化物は刺激強め

ワキガード

ワキガード

医薬部外品

2種の有効成分(ベンゼトニウム塩化物クロルヒドロキシアルミニウム)

BG

有効成分2種とも刺激強め、香料入り

デオドラントZ

デオドラントZ

医薬部外品

殺菌・消臭1種の有効成分(イソプロピルメチルフェノール)

オウバクエキス

天然ビタミンE

パラベンなど添加物多い

Bnaロールオン

Banロールオン

医薬部外品

2種(クロルヒドロキシAl、イソプロピルメチルフェノール)

なし

添加物のみ、香料入り

特製エキシウクリーム

特製エキシウクリーム

医薬部外品

制汗2種の有効成分(ミョウバン、酸化亜鉛)

なし

パラベン、香料入り

エキシウS

エキシウS

医薬部外品

制汗1種の有効成分(クロルヒドロキシアルミニウム)

なし

パラベン、香料入り

8×4ワキ汗ex

エイトフォー

医薬部外品

2種の有効成分(クロルヒドロキシアルミニウム、BGA)

なし

有効成分1種は少し刺激高い、BGAは抗炎症

エージーデオ24

エージーデオ24

医薬部外品

3種の有効成分(イソプロピルメチルフェノール、クロルヒドロキシアルミニウム、酸化亜鉛)

濃グリセリン

クロルヒドロキシアルミニウムは少し痒みが出やすい

デオボール

デオボール

医薬部外品

3種の有効成分(ベンザルコニウム塩化物、クロルヒドロキシアルミニウムイソプロピルメチルフェノール)

なし

有効成分は刺激高め、酸化チタンで脇を白く見せることができる

ルシード デオドラント

ルシードデオドラント

医薬部外品

2種の有効成分(イソプロピルメチルフェノール、クロルヒドロキシアルミニウム

カンゾウ、ケイヒ

クロルヒドロキシアルミニウムは少し痒みが出やすい

クリニークデオドラント

クリニークデオドラント

医薬部外品

制汗1種の有効成分(アルミニウムヒドロキシクロリド)

なし

有効成分、添加物共にとても刺激高い

ニベアデオドラントアプローチ

ニベアデオドラントアプローチ

医薬部外品

2種の有効成分(クロルヒドロキシアルミニウム液、β-グリチルレチン酸)

アボカド油

パウダー入りで洗っても落ちにくい

 

市販のデオドラント有効成分は刺激があるのが多い

 

市販のワキガ向けデオドラントは有効成分自体が少し刺激強めです。

 

特にアルミニウムヒドロキシクロリドは塩化アルミニウムのことで、医薬品にも使われるくらいの高刺激成分です。

 

 

制汗効果は高いですが副作用が起きやすく、かゆみかぶれといった炎症が起きやすいです。

 

 

似た名前の、「クロルヒドロキシアルミニウム」は低刺激ですが、パラフェノールスルホン酸亜鉛に比べると刺激が高めです。

 

 

他には、ベンゼトニウム塩化物やベンゼトニウム塩化物など消毒液のような成分が殺菌目的として入っているのも気になります。

 

敏感肌の方は特に要注意でワキガの悪化、黒ずみの原因にもなりかねません。

 

 

 

基本はその場しのぎのワキガ対策ばかり

 

市販品は保湿・整肌成分がほぼ皆無なので、その場しのぎのワキガ対策となります。

 

また、有効成分は効果がありますが、それ以外の臭いや汗を抑えるサポート成分も無いので効き目は弱いです。

 

即効性も重要ですし、長期的な効果も重視したいワキガ対策にはあまり良いと言える市販品はないですね。

 

ドラッグストア・薬局など市販で買えるワキガ向けのデオドラントランキング

上記で比較した通り、市販品はワキガ対策向けとしてはあまりおすすめできるアイテムではありませんが、ランキングとして1位~3位までを決めてみました。

 

※詳細ページを押すと私のレビューが見れます。

Hミッテル

Hミッテル

Hミッテルの特徴
有効成分は殺菌成分の「イソプロピルメチルフェノール」制汗成分の「パラフェノールスルホン酸亜鉛」で、問題なく抑臭・制汗はできるでしょう。ただ、臭いや汗を抑えるサポート成分や保湿・整肌成分は2種のハーブのみです。無香料・無着色という点や有効成分の低刺激はポイントが高いですが、継続使用でのワキガを軽くする効果は弱いでしょう。
価格 1,000円程度
容量 50g(25gタイプもあり)
評価 評価2.5
備考 販売元はクラシエ
管理人のコメント
ワキガ対策のデオドラントを市販の中で選ぶならHミッテルが最も良いです。有効成分は最新で効果のある成分2種を採用していて、他に刺激的な成分も無いので使って悪化するというマイナス要素はないでしょう。取り急ぎ対策したいとお急ぎの方はまず使っても良さそうです。ただ、直接脇に塗るタイプなのは衛生上少し心配です。
デオナチュレ さらさらクリーム

デオナチュレ

デオナチュレの特徴
デオナチュレにも様々種類がありますが、衛生面と効果を考えた上でクリームタイプ「さらさらクリーム」がおすすめです。主な効果は「ミョウバン」による制汗なんですが、確かに効果はあります。ただ、実際に使ってみるとわかりますが、化学反応による痒みが出やすいです。痒みは皮膚刺激がある証拠、掻いたりするとワキガの悪化や黒ずみの原因になりかねません。あと、スーッとするひんやり系はNGです。
価格 1,000円程
容量 45g(種類による)
評価 評価2
備考 無香料
管理人のコメント
デオナチュレには直塗りタイプもありますが、しっかり手で塗りこむクリームの方が効果・持続性が高い点と、成分から見てワキガには「さらさらクリーム」が良いでしょう。ただ、かゆみが出たり、ひどい場合はかぶれたりするので合わない場合はするに使用をやめてくださいね。私はかゆみが出て合いませんでした。
テノール液

テノール液

テノール液の特徴
有効成分の「アルミニウムクロロヒドロキシアラントイネート」は塩化アルミニウムのことで、主に制汗効果があるデオドラントです。多汗症などにも使われるくらいの強さがありますが、4.5mlなので医薬品とまではいきません。ただ、やはりデリケートな脇に塗るには刺激が強く痒み・かぶれの原因となります。制汗はできますが殺菌・消臭効果はほぼ無いのでワキガへの使用は控えたいです。
価格 600円程
容量 30ml
評価 評価1.5
備考 販売元は佐藤製薬
管理人のコメント
確かに制汗効果は高いですが、ワキガに重要な保湿や整肌といった肌を整える効果は一切ありません。ただ、汗を抑制するのみです。また、塗ってしばらく時間がたつと痒みが起こるケースが私には多々ありました。敏感肌の方向けではないデオドラントですので、その点もご注意ください。

 

市販のデオドラントだとワキガが悪化しやすいので注意が必要

市販で買える人気デオドラントの比較箇所でも書きましたが、ドラッグストアや薬局で買えるワキガデオドラントは有効成分の刺激が強いし、保湿や整肌に関してはあまりこだわりがありません。

 

どれもその場しのぎ的なデオドラントばかりです。

 

最悪、臭いや汗がひどくなる可能性があります。

 

 

市販のデオドラントではワキガが悪化しやすい理由

 

「市販のデオドラントではなぜ悪化しやすいのか?」

 

それは肌刺激が高いことで乾燥するからです。

 

出典:ハイネス公式サイト

 

確かに上記でご紹介した市販のデオドラントには殺菌・消臭・制汗成分は含まれています。

 

ですが、それだけだと肌が刺激を受けて乾燥してしまいます。

 

乾燥すると体が危険を察知し、皮膚を潤して保護するために必要以上の汗や皮脂を分泌します。

 

そうなるとワキガが悪化してしまうんです。

 

 

そのため、ワキガ向けデオドラントの選び方でも書いていますが、ワキガを軽くするには保湿や整肌成分で肌を整える必要があるんですね。

 

 

 

市販品に通販限定のような高品質ワキガデオドラントがない理由

 

では、なぜ市販では当サイト「e-ワキガデオドラント」で推奨しているようなアイテムがないのかと言いますと、理由は以下の2点です。

 

①コストが大幅にかかり、値段がかなり高額になってしまうから
②大量生産が難しいから

 

それぞれ解説していきますね。

 

 

①コストが大幅にかかり、値段がかなり高額になってしまうから

市販品が店頭に並ぶまでには、

 

市販品:製造元⇒メーカー⇒問屋・卸⇒販売店⇒消費者

 

という構造ですが、間に業者(問屋・卸など)を挟むことでマージンが発生します。

 

そうなると余計に費用が掛かるので1商品当たりの価格も高くなってしまいます。1個1万くらいに。

 

あまりに高くなるので、誰も買わないし、どんなに良い製品でも継続して対策するのが困難になります。

 

一方で、通販の場合は、

 

通販限定品:販売元⇒消費者

 

なので、マージンが一切かかりません。

 

また、定期コースなどのサービスを提供することで高品質なデオドラントをできるだけ低価格で提供できるというわけなんですね。

 

 

②大量生産が難しいから

当サイトで推奨しているような通販限定のデオドラントは、質の高い成分を独自に配合しているために、大量生産することが難しいです。

 

市販で販売されているようなデオドラントは比較的大手メーカーのアイテムが多いですが、もちろん売上重視で商品開発をします。

 

そうなると採算重視で大量生産が必須となりますので、安価で大量に使える成分で商品を作ることとなります。

 

結果的に添加物が多く刺激の多いデオドラントが出来上がりやすいんです。

 

 

 

ワキガ対策には市販のデオドラントより質の高いアイテムの方が結果コスパが良い

 

当サイトで推奨しているSランクのワキガ向けのデオドラント、「クリアネオ・ノアンデ・デオシーク」は1回の価格が5,000円前後で高価です。

 

ですが、正しく継続すれば3ヶ月~半年くらいでワキガが軽くなっていくので、使用量も徐々に減り、休み休みの注文で十分ワキガ対策できるようになります。

 

これは私の体験からも同じことが言えます。

 

 

例えば6回の継続で約3万程ですが、手術すると皮下組織吸引法15万~、皮下組織削除法20万~、直視下手術法30万~程費用が必要で、リスクも考えると質の高いデオドラントでのケアの方が、安くて安全、安心ですよね。

 

 

手術についてはこちらでワキガの手術の種類と費用について解説していますので、参考にどうぞ。

 

 

一方、市販のデオドラントは1個1,000円もしなかったりしますが、1回の持続性も低いですし、肌が整うことも無いので永遠に使い続けないといけません

 

むしろ悪化していき、悪循環に陥ると抜け出すには時間がかかります。

 

市販品ではワキガが根本的に軽くなることは無いので、結果コスパが悪いですね。

 

こんな感じ

↓↓

※市販品で悪循環になるイメージ※

 

 

好循環だとこんな感じ

↓↓

※質が高くて好循環になるイメージ※

 

 

最初にケチってしまうと、私みたいに「もっと早くから使えばよかった」と後悔することになりかねません。

 

 

そうなる前に、ワキガ対策に人気のデオドラント全45種をこちらでランク付けしていますので、是非参考に検討してみてください。

 

 

 

まとめ|ワキガの根本改善を目指すなら市販よりも質の高い通販のデオドラントを!

※Hミッテルのレビューから抜粋

 

市販のデオドラントでワキガ対策しても効果はある程度あります。

 

ただ、効き目が弱かったり、刺激が高かったり保湿・整肌できなかったりして結果満足できないことが多いです。

 

それでも市販品のデオドラントでわきが対策する場合の条件としては

  1. 有効成分が入った医薬部外品であること
  2. 保湿・整肌成分も含まれている事
  3. 添加物や刺激物の少なさ

と、お伝えしました。

 

この条件をもとに市販の人気デオドラント15種を比較した結果、1番おすすめなのはクラシエ「Hミッテル」という結果になりました。

 

ただ、それでも保湿・整肌成分がセージの1種しか配合されていません。これじゃとてもじゃないですが長期目線でのワキガ対策ができないので、ワキガ自体が軽くなることはないでしょう。

 

「早くワキガを改善したい!」「手術なしで軽くしたい!」という方は肌環境を整える必要があるので、質の高いデオドラントでケアされることを推奨します。

 

 

補足|市販のデオドラントで子供のワキガにも使えるアイテムは?

※子供のイメージ

 

何度か「子供のワキガに使える市販のデオドラントを教えてほしい」と、お問い合わせをいただいたので、こちらに補足させていただきます。

 

市販のワキガ用デオドラントで子供への使用を明記しているアイテムはありません。

 

 

市販のデオドラントに子供用って特になくて、基本は大人向けのデオドラントを子供にも使うことになります。

 

 

とはいえ、大人のワキガ向けデオドラントも「何歳から使用可能」とか一切かかれていないので、あくまでも自己判断となります。

 

当ページ「ドラッグストア・薬局など市販で買えるワキガ向けのデオドラントランキング」でご紹介しているデオドラントであれば低刺激なので使ってトラブルになることはないかと思いますが。

 

 

ただ、不安な方は「もう大丈夫!子供のワキガ対策におすすめのデオドラントランキング」のページを参考にデオドラントを選んでいただければ安心です。販売ページにもしっかり明記されているので心強いですよ。

 

 

ちなみに、海外製品のワキガデオドラントデトランスαのように子供には使えないタイプもあるので使用は控えておいてください。


※全部のデオドラントをエクセルにまとめて徹底的に調査しました


当サイトではワキガ対策に人気のデオドラント全45種を、抑臭・制汗・整肌・低刺激・価格(コスパ)を基準に沿って比較し、S~Eランクまで評価を付け、ランキングにしています。どのデオドラントを選べばよいか迷うという方はこちらをチェックしてみてください。

↓ S~Eのランク付けへ移動します ↓





絞り込み検索リセット