ジャケットやコートの脇についたワキガの臭いを消す!消臭と予防方法を解説

コート

 

寒い季節、そんなに脇汗をかいていないつもりでも実際はかいてます。

 

だから、ジャケットやコートの脇にワキガの臭いが染みついて臭くなるんですね。

 

 

このページでは、ワキガの私が実践していることも含め、ジャケットやコートについてしまったワキガ臭を消す方法と、臭いの付着を予防する方法の2つをご紹介します。

 

 

 

管理人

 

予防法を実践していただくことで、臭いに悩まされることなく、気持ちよく過ごしていただけるはずです。


 

 

 

 

ジャケットやコートの脇がワキガ臭い2つの理由を解説

 

まず最初に、ジャケットやコートの脇部分がワキガ臭くなる理由を2つご紹介しますね。

 

冬でも油断は禁物ということが分かりますよ。

 

理由1:脇汗がしみ出てコートやジャケットにつく

 

コートやジャケットを着る寒い季節は、夏に比べると汗の量は減ります。

 

ですが、室内や電車が暑い時、体を動かしている時、緊張した時、など寒い季節でも人はたくさんの脇汗をかいています。

 

 

その汗がインナーやシャツにしみ出してジャケットやコートに付着します。

 

すると、そこに菌が繁殖し、あのワキガ臭がするんです。

 

 

しかも、冬の汗はこちらの記事でも書いているように、夏よりもクサイ性質を持っているから、少しの量でも強烈なニオイになります。

 

 

 

理由2:洗う頻度が少ないから菌が繁殖する

 

インナーやシャツは毎日洗いますが、ジャケットやコートは頻繁には洗えないですよね。

 

デリケートな素材だから洗濯が難しかったり、持ってる枚数も少ないからクリーニングに出せなかったりします。

 

 

そうなると、ジャケットやコートには脇汗が付いたまま。どんどん蓄積されていきます。

 

 

汗内に含まれるタンパク質や脂肪分を分解する菌も付着したままなので、繁殖し、当然ワキガ臭がするわけです。

 

 

毎日同じジャケットやコートを着ている方は臭って当然というわけですね。

 

 

 

ジャケットやコートの脇についたワキガ臭の消臭方法

 

ジャケットやコートの脇についたワキガ臭を消す方法についてご紹介します。

 

自分で消す場合クリーニングで消してもらう場合の2パターンご紹介していきます。

 

が、その前に間違った消臭方法を確認しておいてください。

 

間違った消臭方法|ファブリーズやリセッシュでジャケット・コートのワキガ臭は消えない

出典:Amazon

 

なんとなく家にあったら「シュッシュッ」とやってしまいそうになるのが、ファブリーズリセッシュなどの消臭&除菌スプレーです。

 

ですが、これは絶対にやめでください。全く意味がありません。

 

汚れの上にスプレーしてるだけなので、汚れは残ったまま。

 

すぐに悪臭も復活するので根本的な消臭になっていないんですね。

 

 

 

自分で消す場合|重曹・酸素系漂白剤・中性洗剤・歯ブラシを用意する

 

自分で臭いを消す場合は以下を参考にしてみてください。

 

実際に私が実践しているやり方で、ジャケットやコートの脇部を重曹・酵素系漂白剤・中性洗剤・歯ブラシで部分洗いする方法です。

 

 

これを混ぜる
  1. 重曹:小さじ1 汚れ除去・消臭
  2. 酸素系漂白剤:小さじ3 しみ抜き・殺菌と除菌・消臭
  3. 中性洗剤:3滴ほど 汚れ除去

 

混ぜたら要らない歯ブラシに液体を付けて、ジャケット・コート内側の脇部分をトントントントンと、たたくように付けていきます。

 

脇部分の全体に付け終わったら15分程置いて汚れを浮かし、濡れたタオルでやさしく洗剤をふき取っていきます。

 

 

ジャケットやコートは生地が厚いので完璧に臭いがとれるわけではないですが、自分で出来る方法としては、一番効果があると感じています。

 

 

もっと詳しく見る方は、「ワキガの私が実践してる洋服の脇についた黄ばみの落とし方を写真付きで解説」をご覧ください。

 

 

時間がたちすぎている場合は臭いが取れないこともある

 

汗や臭いが付いて1ヶ月とか、時間が経過しすぎている場合は取れないこともあります。

 

生地の奥深くまで染み付いてしまっているので、そう簡単には取れないんです。

 

その場合は次にご紹介するように、プロに依頼しましょう。

 

 

 

クリーニングで消してもらう場合|ウェットクリーニングや滅菌加工出来るお店に依頼する

クリーニング屋

 

一番確実なのはクリーニングに出してプロに洗濯と消臭してもらう事です。

 

ただ、ジャケットやコートは水洗いが難しいので、普通にクリーニングに出すとドライクリーニングになってしまい意味がありません。

 

ドライクリーニングは水を使わずに洗う方法で、汚れは落ちても汗じみ・ニオイ・菌は消すことができません。

 

 

だから、必ずウェットクリーニングやしみ抜き、滅菌加工できるクリーニング屋さんに依頼するようにしてくださいね。

 

 

※ウェットクリーニングの場合は、素材によって出来ないことがあります。

 

 

例えばこのようなクリーニング屋が良い

出典:染み抜き屋

 

「わきが臭を取り除き、防臭加工まで」と記載があります。

 

価格もコート5,000円くらいで出来るし、宅配クリーニング対応なので、依頼しやすいかと思います。

 

このように、ワキガの臭いも消すと書かれているクリーニング屋や、シミ抜き、滅菌などの記載があるところで依頼しましょう。

 

 

 

ジャケットやコートの脇にワキガ臭が付着するのを予防する方法

 

上でご紹介したように、一度付いてしまったワキガ臭をとるのは大変です。

 

だから、ニオイが付くことを防ぐのが一番楽ですよね。

 

予防法を以下に3つご紹介します。

 

 

あらかじめジャケットやコートの脇に消臭スプレーしておく

※クリアネオ消臭スプレー

 

菌の繁殖を予防してくれる衣類用消臭スプレーを、着用前のジャケットやコートの脇に吹きかけておく方法です。

 

 

例えば、こちらでレビューしているクリアネオ消臭スプレーデオシーク衣類用スプレーです。

 

汗が付いた場合でも、菌の繁殖を防いでくれるので、臭いを予防できるメリットがあります。

 

 

一方、デメリットとしては「汗は付いてしまう」ことです。

 

汗の付着は防げないので、汗じみになる可能性はあります。

 

 

 

脇汗パットを付けておく

出典:Amazon

 

ジャケットやコートに汗が付くから臭くなる。「じゃあ汗が付かないようにしてしまおう!」

 

ということで、市販で売られているような脇汗パットも良いですね。

 

脇汗パットに汗が吸収されるので、ジャケットやコートにつく汗を減らせるメリットがあります。

 

 

一方で、脇汗がパットに吸収されているだけなので、防臭機能がある分マシですが、パットからワキガ臭がしたり、脇が臭くなるのは防げないデメリットがあります。

 

 

あと、洋服によっては外見で見えてしまう可能性や、ズレたり剥がれてくるという弱点もあります。

 

 

 

ワキガ向けのデオドラントで汗・菌対策しておく

クリアネオの口コミより

 

ワキガ向けのデオドラントで汗と菌・臭い対策する方法です。

 

実際、私は現在デオドラントのみの対策ですが、ジャケットやコートにワキガ臭が付いて困ることはありません。

 

 

そもそもの汗を抑えることができるので、アウターに付くことが無いんですね。

 

同時に殺菌もできるので、普通にワキガ臭が無くなります。

 

 

デメリットとしては、効かないデオドラントを選んでしまうと意味が無いことと、効果の高いデオドラントはそれなりに値段も上がることです。

 

とはいえ、クリーニング代や精神的な安心感に比べれば全然安いですが。

 

 

ワキガ向けデオドラントについてはこちらから見てみてください。

 

 

 

まとめ|脇汗がジャケットやコートに付かないようにするのが一番重要

 

冬は脇汗対策や臭い対策に油断しがちです。

 

 

寒い季節でも汗はかくので、対策しないと「ジャケットやコートの脇に臭いが付いて取れない」なんてことになってしまいます。

 

 

そんな脇汗によってついてしまったワキガ臭をとる方法として、

  1. 自分で消す場合
  2. クリーニングで消してもらう場合

の2パターンをご紹介しました。

 

 

いったん臭いが付いてしまうと消すのも大変。

 

 

だから、ジャケットやコートの脇にワキガ臭が付着するのを予防する方法でご紹介したように、そもそも脇汗が付かないように予防するのが一番重要かと思います。

 

 

寒い時期も快適に過ごせるように、実践していただけると幸いです。


※全部のデオドラントをエクセルにまとめて徹底的に調査しました


当サイトではワキガ対策に人気のデオドラント全45種を、抑臭・制汗・整肌・低刺激・価格(コスパ)を基準に沿って比較し、S~Eランクまで評価を付け、ランキングにしています。どのデオドラントを選べばよいか迷うという方はこちらをチェックしてみてください。

↓ S~Eのランク付けへ移動します ↓





絞り込み検索リセット