Ban汗ブロックロールオンをワキガ対策に使った私の効果を口コミ

このページでは、Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベル(せっけんの香り)ワキガ対策に塗った私の効果を口コミします。

 

また、成分や各種タイプの違いなどもご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

 

良い口コミもあったのですが、実際に使ってみた効果は残念でした。詳しくはレビューの箇所を見ていただけると幸いです。


 

ランク

ランク
※ランクはS~Eランクまであります。全ランクに関しては【全45種】ワキガ対策デオドラント比較ランキングと私の本音口コミの中で記載しています。

抑臭  1点
制汗  0.5点
整肌  0点
低刺激  0点
コスパ  1点
価格

750円程度

容量

40ml

補足 薬局やドラッグストアでの購入が簡単で安いです。

【管理人のコメント】
Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルは、当サイトでの評価は最低のEランクとなりました。

 

通常のBan汗ブロックロールオンよりも効果が高そうだったので、プレミアムラベルを選んだんですが、それでも評価は良くないです。汗ブロックであるにもかかわらず汗における効果が私にはありませんでした。

 

ただし、有効成分はしっかり入っているので、合う合わないはあるかと思います。

 

 

 

 

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルのレビュー|私のレビューとワキガへの効果

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルを購入しました。

 

近所のドラッグストアで購入したんですが、無香料が無くてせっけんの香りを買いました。

 

「もっと本気で汗を抑える」と書かれていて、市販のデオドラントによくある大げさなキャッチコピーが嘘っぽさを感じてしまいます。

 

 

 

パッケージの裏面には特徴・成分・使い方・注意点などが細かく記載されています。

 

エタノールが含まれているので、火気厳禁とのことです。そこまでエタノールが多いのかな?と不安になってしまいます。

 

確かに有効成分を除いて最も多く含まれているが「エタノールでした。あまり肌には良くなさそうですね。

 

効果・効能には「制汗・皮ふ汗臭・わきが(腋臭)」と書かれています。

 

 

 

本体はとてもシンプルで、デザインもおしゃれな感じなので個人的には好きです。

 

片手で持ちやすいくらいの大きさなので使いやすさに問題はなさそうですね。

 

 

 

耐水皮膜成分が入っているのが通常タイプのBan汗ブロックロールオンとプレミアムロールオンとの違いです。

 

持続性が高くなるとのことですが、それがどれくらいの効果なのか気になりますね。

 

ここにも「火気厳禁」と記載されています。

 

 

 

ヘッドは少し小さめかなという感じです。

 

ロールオンですので、クルクル回りながら液体を脇に直塗りしていくタイプです。

 

まずは手に塗って液体がどんな感じかみていきますね。

 

 

 

液だれもなく、スムーズに塗れるのでとても使いやすいです。

 

 

 

3~4回くらい回すと十分片脇分くらい塗れそうです。

 

せっけんの香りなので、香りは強めです。やはり無香料がおすすめです。

 

 

 

脇にも塗ってみたいと思います。

 

 

 

普通に塗りやすく、全体にムラなく塗ることができます。

 

せっけんの香りが強いので、その点は気になりますが、無香料であれば問題なさそうです。

 

では1日、ワキガ対策にBan汗ブロックロールオンプレミアムラベルを塗ってみた効果をシェアします。

 

 

 

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルを1日塗ってみたワキガへの効果をシェア

実際に朝塗って、その後の効果・持続性について私の感想をシェアしますね。

 

まず、塗ってすぐの即効性ですが、正直、最初から効果が弱いのか、塗った時と塗っていない時の差がないくらいに感じてしまいました。

 

臭いは抑えてくれている感じが少しありましたが、汗は全然変わらないように思いました。

 

「汗ブロック」と書かれていて有効成分も入っているのですが、制汗効果がとても弱いです。もしかしたらロールオンだからかもしれないですが、パッケージに書かれているような「本気で汗を抑える」という効果は少しも実感できませんでした。

 

結果、ワキガ対策には向かないと私は感じます。

 

塗ってすぐの効果も、その後の効果も良く分からない感じだったので、持続力とかいう以前に、効果の問題でした。

 

とはいえ、有効成分は確かに入っているし、私以外には効果を実感されているかと思いますので、以下にみんなの悪い口コミと良い口コミをまとめました。

 

 

Banロールオンの口コミ・評判をチェック

Banロールオンを実際に使ってみた人の口コミをチェックしていきましょう。

 

良い口コミも悪いものも集めました。

 

Banロールオンの悪い口コミ

24才 女性|

 

「汗ブロックロールオン プレミアムラベル」を使用しました。汗をしっかりブロックして汗ジミが気にならない!という広告に惹かれ、しかもプレミアムラベルとのことで従来のものよりも効果が高いのかな?!と思って期待しながら使用しました。正直期待はずれです。

 

塗っても普通に汗をかくし、そのせいで成分も流れ落ちてしまうのか?普通に匂ってきます。1週間ほど我慢して使ってみましたが、私には全く合わなかったようで、以降使うのを止めました。

 

 

 

 

 

34才 女性|

 

軽度のワキガです。制汗剤で有名なBanのニオイブロックロールオンタイプをドラッグストアで見かけたので、思わず購入しました。朝に塗って、午前中はまあまあニオイが抑えられているかな、と思ったのですが、お昼過ぎになると急にワキガの嫌なニオイが出てきました。

 

持続性が無いですね。しかもせっけんの香りを買ったので、ワキガのニオイと香料が混ぜ合わさって自分から変な臭いがしてしまって恥ずかしかったです。

 

 

 

 

 

18才 女性|

 

部活で汗をかくので、汗クサくなったら嫌だな、と思ってドラッグストアで購入しました。液体なので塗りやすいですが、塗ると脇がピリピリして、それでも我慢して使っていたら赤くかさぶたみたいなものが出来てしまい、見事にかぶれてしまいました。

 

塗るのを止めたらすぐ治ったので、私には成分が合わなかったみたいです。

 

 

 

Banロールオンの良い口コミ

37才 女性|

 

香料が苦手なので、ニオイブロックロールオンの無香料タイプを購入しました。朝塗りましたが、夜までニオイが本当に気にならなかったです。他の制汗剤は、昼過ぎくらいに塗り直さないとにおってきてしまうのですが、これは夜までしっかり効いてる感じがしました。

 

脇に塗り込むとスッと肌に浸透してすぐに乾くので、朝の身支度で忙しいときでもサッと塗れて便利です。ロールオンなので塗り残しなどの心配も無く、安心して過ごすことができます。

 

 

 

 

 

21才 女性|

 

臭いはそこまでしないのですが、汗がひどくて、脇汗パッドを使っても服に汗ジミが出来てしまうほどです。汗ブロックという言葉に惹かれ、汗ブロックロールオンタイプを購入しました。

 

たっぷりめに塗ってもすぐに乾いて脇がサラサラになります。汗の量は本当に抑えることができていると実感しています。服の汗じみもそこまでめだたなくなっているので、普段から持ち歩いて対策しています。

 

 

 

 

 

25才 女性|

 

Banのロールオンを使っていましたが、もうちょっと効き目が良いのが無いかと思っていたところ、プレミアムラベルというものを見つけたので購入しました。

 

夜、お風呂上がりにしっかりと水気を拭き取り、ほてりが落ち着いたところで塗り込むと、翌日の日中は臭いが抑えられます。汗の量も減ったし、かなり効き目が高いです。

 

液をしっかり乾かすと効果がしっかり出る感じがします。速乾性があるのでそこまで面倒ではないですが、乾くまでの間両手を挙げて待っている姿は他の人に見られたくないですが、それをやる価値はあると思います。

 

 

 

 

 

32才 女性|

 

敏感肌なので制汗剤はかぶれてしまうものが多く、汗対策をしたくてもなかなか出来ずにいました。Banのプレミアムラベルを薬剤師さんに勧めてもらい、ニオイブロックロールオンを試してみました。
肌にすっと馴染むし、肌がピリピリしたり、赤くなったりといったトラブルはありませんでした。4種類の植物エキスが配合されているとのことで、それが肌への負担を軽減してくれているのかな?と思います。ニオイを気にすることなく堂々とエレベーターや電車に乗れるようになりました。

 

 

 

 

 

26才 女性|

 

10代の頃からBanを使い続けています!最初はスプレータイプでしたが、ロールオンタイプが一番効果が高いように思います。液体だから塗りやすいし、脇全体にしっかり塗れるので、脇汗対策がしっかり出来ます。

 

朝塗るだけで夜までしっかりニオイや汗が抑えられます。たまに塗り忘れてしまった日は、ちょっと自分がニオう感じがするので、効果が高いんだな、と実感します。

 

 

 

良い意見と悪い意見は半々くらい

Banのロールオンは、使う人によって「効果が実感できた」「1日ニオイが気にならなかった」「汗がしっかり抑えられた」という良い口コミや、「全く効果がなかった」「汗ブロックタイプを買ったのにだらだら汗をかいた」「肌荒れを起こした」など、悪いものが半々くらいでした。

 

肌質や体質によって、効果がしっかり現れる人と、そうでない人がいるようですね。ワキガの人からの評価はやや低めでした。最初は良くても時間が経つとにおってくる、全然効果が実感できないなど、ワキガのニオイを抑える効果はあまり期待できなさそうです。

 

 

 

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルの成分・ワキガへの効果を徹底解析

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルの成分をチェックして、ワキガに効くのか詳しくみていきたいと思います。

 

消臭有効成分

制汗有効成分

消臭サポート成分

制汗サポート成分

保湿・整肌成分

美白・美肌成分

無添加

残念な成分

香料

Ban汗ブロックロールオンの全成分


【有効成分】クロルヒドロキシAl、イソプロピルメチルフェノール
【その他成分】エタノール、クロトン酸、VA、ネオデカン酸ビニル共重合体、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール、エデト酸塩、メントール、香料

 

確かに制汗・殺菌(消臭)の有効成分は含まれているのですが、その他成分にはそれをサポートする成分や肌を整える保湿・整肌成分が一切含まれていません。

 

 

一応、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースは耐水皮膜成分で、水(汗)に強くて、皮膚上に膜を張ることで制汗効果と有効成分の持続力を高める効果がありますが、それだけです。

 

 

その他成分で最も配合量が多いのは「エタノール」というのも微妙です。

 

 

肌を整えることがワキガを軽くしていくには必要なので、あくまでもその場しのぎ的なデオドラントと言えるでしょう。

 

 

有効成分が含まれているにもかかわらず、私が効果を実感できなかったのは、サポート成分や保湿成分などが一切含まれていなかったからなのかもしれません。

 

 

 

Ban汗ブロックロールオンとその他タイプの違いを比較

Banのベーシックタイプ「Ban汗ブロックロールオン」とそのほかのタイプは何が違うのか、比較して見比べてみました。

 

Ban汗ブロックロールオンとニオイブロックロールオンの違いを比較

汗ブロックロールオン

ニオイブロックロールオン

特徴

有効成分が汗腺にしっかりフタをする

ナノイオン化された有効成分が長く密着して抗菌・抑臭

制汗有効成分

クロルヒドロキシアルミニウム

クロルヒドロキシアルミニウム

殺菌有効成分

イソプロピルメチルフェノール

ベンザルコニウム塩化物液

その他良い成分

特になし

制汗:クララエキス-1

美白:クワエキス


汗ブロックロールオンのメインの効果は汗を抑えること、ニオイブロックロールオンはニオイを抑えること、が主な違いです。

 

有効成分である汗を抑える成分は同じですが、殺菌成分が異なっていますね。

 

イソプロピルメチルフェノールはアルコール系、ベンザルコニウム塩化物液はアンモニウム系の成分です。ベンザルコニウム塩化物液のほうが抗菌力が強いですが、本来必要な皮膚常在菌まで殺してしまうので、肌を整える必要のあるワキガ対策には向きません。

 

イソプロピルメチルフェノールで十分ワキガの原因菌は殺菌できるので、そういった意味では汗ブロックロールオンの方が良さそうです。

 

ただし、ロールオンタイプは肌への密着が弱いので、持続性ではニオイブロックの方が良さそうです。どちらのタイプもメリットデメリットがあって選びにくいですね。

 

ニオイブロックロールオンには2種だけですが、制汗サポート成分に「クララエキス」、美白サポートに「クワエキス」が入っているので、少しポイントは高いかもしれません。

 

 

 

Ban汗ブロックロールオンとBan汗ブロックスティックの違いを比較

汗ブロックロールオン

汗ブロックスティック

特徴

ロールオンなので液体タイプでさっと塗れる

肌への密着性が高いので持続力がある

制汗有効成分

クロルヒドロキシアルミニウム

クロルヒドロキシアルミニウム

殺菌有効成分

イソプロピルメチルフェノール

ベンザルコニウム塩化物液

その他良い成分

特になし

特になし


制汗成分はどちらも同じクロルヒドロキシアルミニウムです。殺菌成分は先ほどご紹介しました、ニオイブロックロールオンと同じなので、ここでは省略させていただきます。

 

あまり効果に関係はない成分ですが、汗ブロックスティックには架橋型メチルフェニルポリシロキサン-2という耐水&被膜成分が配合されています。

 

成分の肌への密着度を高める作用のある成分ですが、やはり持続性という点からスティックの方が良さそうですね。

 

 

 

Ban汗ブロックロールオンとBan汗ブロックロールオンプレミアムラベルの違いを比較

汗ブロックロールオン

汗ブロックロールオンプレミアムラベル

特徴

ベーシックタイプ

耐水皮膜効果をプラスして肌への密着を強くしたタイプ

制汗有効成分

クロルヒドロキシアルミニウム

クロルヒドロキシアルミニウム

殺菌有効成分

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノール

その他良い成分

特になし

特になし

 

どちらも有効成分は同じですが、プレミアムタイプには耐水皮膜成分として疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースが配合されています。

 

正直、実感できるくらいの効果はないですが、一応肌への密着力が増すので、効果が持続するということです。

 

そのため、プレミアムタイプの方が若干成分は良いです。

 

 

 

Banロールオンの最安値販売店は?楽天・アマゾン・店頭で価格を調査

Banロールオンは薬局やドラッグストア、ネット通販などで気軽に購入することができます。

 

どこで買うと一番お得になるのか、楽天とAmazon、ドラッグストアの値段を比較してみました。購入を検討されている方はぜひ参考になさってくださいね。

 

楽天

アマゾン

市販

Ban汗ブロックロールオン

491~615円、送料540~648円

482~508円、送料400~440円

598~684円程度

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベル

558~788円、送料600~648円

590~684円 送料400~440円

684~698円程度

Banニオイブロックロールオン

459~563円、送料648円

507~792円、送料400~440円

497~548円程度

Ban汗ブロックスティック

656~918円、送料600~648円

684円、送料400~440円

648~777円程度

 

店頭で買うのが一番楽でお得です

本体価格が一番安いのは楽天市場ですが、送料が別途必要となります。

 

Amazonも購入金額が2000円以下だと基本配送料がかかるので、まとめ買いしたい方やプライム会員以外の方は、店頭で購入するのが一番安くて早い方法ですね。

 

Banはほとんどのドラッグストアや薬局で種類も豊富に販売されていますし、ポイントカードのあるお店だと、ポイントも溜まるのでお得になりますよ。

 

通販で購入される方は以下をご覧ください。

 

楽天で見てみる

 

アマゾンで見てみる

 

 

 

Ban汗ブロックロールオンの販売元情報

発売元 ライオン株式会社
所在地 〒130-8644東京都墨田区本所1-3-7
連絡先

電話:0120-556-913(9:00~17:00 平日)

HP

https://www.banbanban.jp/


※全部のデオドラントをエクセルにまとめて徹底的に調査しました


当サイトではワキガ対策に人気のデオドラント全45種を、抑臭・制汗・整肌・低刺激・価格(コスパ)を基準に沿って比較し、S~Eランクまで評価を付け、ランキングにしています。どのデオドラントを選べばよいか迷うという方はこちらをチェックしてみてください。

↓ S~Eのランク付けへ移動します ↓





絞り込み検索リセット